新 日本 無線。 FA, 産業機器

新日本無線、車載対応レゾルバ励磁用アンプを開発(EE Times Japan)

日本 無線 新

これを実現するためにお客様とのコラボレーションによるパッケージ開発も積極的に行なっています。 新製品の型番は「NJU7890」である。 関連記事• 電子デバイスの提供にあたっては、その性能を活かす回路も合わせて提供しています。

17

「業界最高水準」のEMI耐性、新日本無線が車載オペアンプIC

日本 無線 新

12月 - 日清紡績(現・)が親会社となる。

11

新日本無線、車載対応レゾルバ励磁用アンプを開発(EE Times Japan)

日本 無線 新

工場のIoT化が進む昨今では、センサにより生産設備の状態をリアルタイムで監視する状態管理へ移行することで、保全コスト削減やダウンタイム回避につながる。

15

新日本無線、車載対応レゾルバ励磁用アンプを開発(EE Times Japan)

日本 無線 新

効率的で安定したパワーを提供する電源IC 産業機器向けの電源アプリケーションは、通常は高い入力電圧を必要とします。 EE Times Japan. 多彩なラインアップのオペアンプとそれを活用するためのアナログ回路、各種センサとその信号を処理するデジタル回路などをセットで利用できます。 今回の新製品は2種類から成る。

17

新日本無線、車載対応レゾルバ励磁用アンプを開発:励磁回路を2回路搭載

日本 無線 新

また、当社は「健康経営優良法人 ホワイト500」 経済産業省 に認定されるほど 従業員の健康増進やワークライフバランスを大切にしています。

14

新日本無線、車載対応レゾルバ励磁用アンプを開発:励磁回路を2回路搭載

日本 無線 新

ウェッタブルフランク構造を採用したので、光学式の自動外観検査装置(AOI)を使ってはんだ接合部を確認できる。 またリード挿入タイプと同様に実装後のはんだフィレットの接合状態が確認でき、信頼性の向上に大きく貢献しています。

2

新日本無線、車載対応レゾルバ励磁用アンプを開発:励磁回路を2回路搭載

日本 無線 新

日商新日本無線股份有限公司 New Japan Radio Co. 通信 通信技術領域正以日新月異,分秒必爭的速度進行技術的革新。 NJU7870は、差動電圧入力と差動電流出力の回路を集積しており、レゾルバ駆動に最適な回路特性を実現した。 それぞれ、同社の既存製品の「NJM2904」と「NJM2902」にEMI対策回路を盛り込んだ。

新日本無線、生産設備等の故障予兆信号を検知する防水接触型アコースティックセンサのサンプル配布開始

日本 無線 新

入力端子のプラス側とマイナス側の距離(沿面距離)は、1000Vの電圧を入力しても絶縁破壊を起こさないようにするため5. 男女別の平均年収をみてみましょう。 2mmを確保した。 もう1つは検出精度が低いことである。