サニー レタス 大量 消費。 レタス

レタス

大量 消費 レタス サニー

生長するに従い、下葉をかき(収穫)ながら食用とし、このためにカキヂシャ(掻き萵苣)と呼ばれる。 クリスプ crisp とは、「ぱりぱりした」という意味であり、その名の通り歯触りがよい。 「」に出てくる野菜。

1

レタス

大量 消費 レタス サニー

山口県西部(旧)では、カキヂシャとほぐした焼き魚またはなどをで和えた郷土料理「」(「ちしゃもみ」とも)が有名である。

18

レタス

大量 消費 レタス サニー

、コスレタスとも呼ばれる。 日本での栽培・流通は外食産業、中食産業向けが中心で、まだ少ない。

12

レタス

大量 消費 レタス サニー

捏造の理由は、もともとラクチュコピクリン含有量の少ない本種を水分の多い生の状態で使用したため、どんなに大量に投与しても意図通りの結果が得られなかったからである。 ヘッドレタス L. 戦後は消費量が大幅に減ったが、近年 [ ]、日本でものようにをサンチュ(: 상추、カキヂシャの一種、チマ・サンチェとも)に包んで食べる方法が普及したために、再び流通が増えてきている。

9

レタス

大量 消費 レタス サニー

アスパラガスレタスともいう。 レタスに似ているものの生物学上において関係のない植物 [ ]• 英語版記事の機械翻訳されたバージョンを(各言語から日本語へ)。

19

レタス

大量 消費 レタス サニー

クリスプヘッド型は一般的な結球性のレタスとして普及しているものであり、レタスといえば日本では通常これを想像する人が多いと思われる。 中国では、生の茎を炒め物に使う。 記述方法については、を参照ください。

レタス

大量 消費 レタス サニー

また中国南部や台湾で常食されるもタチヂシャの一種である。 新鮮なレタスを切ると白い乳状の苦い液体が滲出するが、これはの一種である。

7