穿つ 意味。 【雨垂れ石を穿つ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

「穿つ」の意味とは?使い方の例文やことわざ・類語表現も紹介

意味 穿つ

うがつ」を意味します。

12

「穿つ」の意味とは?使い方の例文やことわざ・類語表現も紹介

意味 穿つ

音読みでは「セン」と読み、「穿孔(せんこう)」や「穿刺(せんし)」などの熟語で使われています。 【例文】• つい言ってしまいたくなる場面でぐっと堪えて. ずっと無名で諦めかけたことも何度かあったけれど、雨垂れ石を穿つでやっとここまで来ることができた。 「 英語」=「the minutest details」「with scrupulous care」 細かな所まで気を配るのは、急にできることではありません。

3

【渇して井を穿つ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

意味 穿つ

たとえば、「土を掘る」と書いた場合、地面に穴を空けることが目的かも知れませんし、何かの実験用に「土」が必要なのかも知れません。 穿たれた• 別名「水滴穿石」とも言います。 • ・スピーチコンテストはすることに意義がある。

1

雨垂れ石を穿つ

意味 穿つ

周囲には無理だと言われていたが、志望校へ合格した」という例文。 転じて、「非常に細かな所まで行き届く」 という意味になるわけです。

20

「穿つ」の意味とは?使い方の例文やことわざ・類語表現も紹介

意味 穿つ

しかし、王は反乱を起こし、反逆者として殺されてしまいました。 誤用例 「あと十万円さえあれば乗り切れると思うと、渇して井を穿つ思いだ」 【類義】 戦を見て矢を矧ぐ/諍い果てての乳切り木/飢えに臨みて苗を植う/溺るるに及んで船を呼ぶ/喧嘩過ぎての棒乳切り/敵を見て矢を矧ぐ//難に臨んで兵を鋳る/盗人を見て縄を綯う/はまった後で井戸の蓋をする 【対義】 /暮れぬ先の提灯/// 【英語】 - 【例文】 「明日の試験に備えて徹夜をしても、それまで怠けていたのなら、渇して井を穿つというものだろう」. 穿った見方• 「弓矢」・・・この世界における兵(調査兵団・駐屯兵団etc)を指すと思われますが、その実力はともかく、目の前の絶望的な状況で戦意を喪失したり投げやりになる弱兵ではなく、エレンのようにボロボロになりながらも最期の瞬間まで巨人への復讐心、外の世界への憧れを失わない、死を覚悟した真の兵士だと思います。 原文の「泰山之霤穿石」は「わざわいの種は小さなうちに摘み取るべきだ」というマイナスの意味になっています。

18

「穿った見方」とは?意味や類語!表現の使い方

意味 穿つ

川柳における「うがち」「おかしみ」「かろみ」とは 「川柳」とは、575の合計17文字で表現される短詩のことです。

20

【本日の名言】「水滴石を穿つ」の意味は?読み方は?この名言を残したのは羅大経?枚乗とはどんな人物?

意味 穿つ

読み方は「あまだれいしをうがつ」で、「小さな努力であっても、継続すれば最後は成功する」という意味があります。 「うがった見方」を勘違いしている人も多いですが、正しく使えるようにしましょう。