長 七郎 江戸 日記。 長七郎江戸日記

八百八町夢日記

日記 長 七郎 江戸

悪党の小普請支配は川合伸旺、手下の勝蔵は有川正治。

長七郎江戸日記(1)(第94回)古傷

日記 長 七郎 江戸

おさと:(「長七郎立つ!江戸城の対決」~第39話、第41話~第45話、第47話~) 「夢楽堂」の従業員。 」にて演じる・()は、長七郎のよき理解者であり難事件の解決を依頼したり影供を付けたりしている他、長七郎も相談のため毎回屋敷を尋ねていたが、「江戸日記」では長七郎が幕閣の有力者と懇意にしている描写は特にない。

14

八百八町夢日記

日記 長 七郎 江戸

長七郎とは身分を越えた絶大な信頼関係で結ばれ、それが「長七郎の陰謀」でニセ長七郎を見破る決め手になった。

15

長七郎江戸日記

日記 長 七郎 江戸

原作は村上元三の「松平長七郎旅日記」と「風流松平長七郎」。 ・江戸へ舞い戻り、船番所で誰何され捕まる清兵衛、 広沢池東岸 柵セット。 ・鉄砲方と子が住んでいた下谷浄妙寺へ聞き込みにゆく辰、和尚とお話の門は 金戒光明寺瑞泉院。

8

長七郎江戸日記

日記 長 七郎 江戸

「鳴門藩の女中と藩士の死体が河原で発見されたことから、長七郎(里見浩太朗)は、鳴門藩に不正があることをかぎつけ兵庫(三田明)に調べさせた。 お話は彼の息子と女芸人の人情劇、腕と気風を買われ長さんに子の保護を頼まれていた彼女は、裾振り乱し襟元もあらわな艶姿で刺客と切り結ぶのであった。 背後にいるボスは西沢利明、真砂路は一柳みる、グルの与力は徳田興人、水島は冨家規政。

ドラマ『長七郎 江戸日記』|チバテレ

日記 長 七郎 江戸

冷静沈着で明晰な頭脳と常人離れした身体能力を兼ね備えている。

16