ギター マガジン。 kyazm『Landing』

雑誌「ギターマガジン」、Fender社のものと酷似した他メーカーの製品を誌面で紹介したとして謝罪

マガジン ギター

そんな瞬間にグッと惹かれてしまう人は少なくないはず。 そう、アイバニーズとVEMURAMが共同開発した、TSV808である。

12

ギター・マガジン 2021年1月号

マガジン ギター

アコースティック・ギターの魅力について語った貴重な言葉の数々にぜひ耳を傾けてみてほしい。 0rem;text-align:center;line-height:1. ギターやアンプ、エフェクターに関する製品紹介や詳しい解説、ギタリストのインタビューやわかりやすい奏法解説、練習やテクニックに役立つ豊富な連載コラムなど、長年培ってきた専門的な視点とミュージシャン/プレイヤーの立場に立った誌面作りにより幅広い層の支持を獲得。

9

ギター・マガジン 2019年6月号

マガジン ギター

ギターはもちろん、彼がこだわり抜いた衣装にも注目だ。 前代未聞の問題曲「Eruption」は、誰もが一度はコピーに挑んだことであろう。 ジャズを弾かないギタリスト諸氏も、一度は手にしたいと憧れる1本だろう。

5

ギター・マガジン 2020年5月号

マガジン ギター

前出のブルースマンたちが残した名演を参考にしつつ、"ファンキー・ブルースの常套句"を紹介していくので、音源に合わせたり、セッションの場でぜひ試してみよう。 ビンテージから現行品まで、さまざまなチューブスクリーマーを紹介してきたが、実際にプロ・ギタリストはどのような使い方をしているのだろうか? 気になった編集部は、普段からTSを愛するプロ・ギタリスト9人に突撃取材! 本人愛用の実機を持ってきてもらい、その魅力と使い方についてじっくりと語ってもらった。 ここでは歴代の愛器をエディ自らが紹介! 本項のもとになったのは2014年、エディが機材を保管するギター・センター(ハリウッド店)での取材である。

8

ギター・マガジン 2020年4月号

マガジン ギター

【特集】ギター・ヒーローが愛した アコースティックの世界。

ギター・マガジン 2020年5月号

マガジン ギター

この言葉にピンとこない読者がいたら、とりあえずこう説明しておこう。

13